オフィス街を歩いていると急に風が強くなることがあります。ビル風と言われる風が吹いているからかもしれません。高い建物がたくさんあるところでは常に吹いていることがあります。住宅地になるとビル風などは吹くことはありません。自然の風が中心です。雨量計を設置するときには風の影響が少ないところが良いとされています。オフィス街ではビル風などが吹きやすくなかなかいいところがないかもしれません。学校などでも高い建物があるときはその影響を受けやすいので注意が必要になります。地域的に風が強いといわれているところがあるでしょう。山のふもとにあるようなところは季節によって風向きが変わることもあります。その時には特に設置する場所に気を付ける必要があります。季節による影響が出やすいときは過去のデータなどと比較をして問題が少なくなるようにします。

土砂崩れを起こしたところで雨量計での測定をする

森は自然のダムと言われています。木が植えられることで値を張り、そこに水が蓄えられます。木のおかげで土は固められ、水も保持されます。しかし木が伐採されるとダム効果も薄れ、土も弱くなります。雨によって土砂災害などが起こりやすくなるとされます。土砂災害が起こるのは木の伐採などの人的な行為が影響しますが木材を必要とするときはやむをえません。それ以外には雨量が影響することがあります。雨量計を設置して雨量の状況を監視して土砂災害を未然に防ぐことが行われる場合があります。土砂災害が起こるところとしては森などの近くのことがあります。周辺に木などがたくさん生えているようなところです。もし設置をするときに木の陰などになるとせっかく設置をしてもきちんと測定できない場合があります。知識を持った人が設置する場所に問題がないかを確認して設置する必要があります。

業務として雨量計を使うときには検定済みの機器使用

ヘルメットには安全性が確保されているかどうかの検査がされることがあります。その検査をクリアしたものだけがその証明を付され販売されるようになります。レプリカのヘルメットなどだと検査の必要はありません。バイクなどに乗るのが目的でないからです。業務として雨量計を使うときには気象業務法に準じた取り扱いを受けることがあります。この時には気象測器検定に合格した機器を使う必要があります。一定のメーカーであればそれに準じたものを作っています。それなりの価格がすることもあります。学校などで測定をするときにはどうするかです。場合によっては自作をして測定しようとすることがあるでしょう。工作気分で作り測定結果も学校で使う目的なら自作タイプのものでも特に問題はありません。自分で調べて使うだけなら検定済みである必要はありません。

気象観測のデータを、パソコンやスマートフォンで確認が出来るので遠隔地でも使用出来ます。 長時間の雨量の計測には、転倒ます型雨量計が適しています。 体調管理を目的に、病院や老人ホームで気象観測システムを設置することもあります。 雨量計は、雨による災害の防止や監視に役立ちます。 自宅の周りなどを手軽に観測出来る気象グッズが揃っています。 気象観測アシストの雨量計商品一覧ページはこちら