自然の怖さを知ることができるのが台風かもしれません。毎年のようにやってきて住宅などに被害を与えることがあります。その他には竜巻があります。海外でのみ発生するイメージがありましたが最近は日本でも発生することが多くなっています。台風より被害が大きくなります。雨量計を設置するときには注意が必要になります。その一つとしてきちんと固定をすることです。名のあるメーカーが作っているタイプなら転倒がしにくいような工夫がされていることがあります。しかし軽易なタイプになると簡単に倒れてしまうことがあります。ちょっとした風に耐えられるようにするには板などに固定する方法があります。しかし台風などだと板ごと飛ばされてしまうことがあります。そうならないように地面に固定してしまう方法もあります。海岸など風が強いところなどでは特に注意しなければいけません。

レーダーを用いた雨量計は規模も大きい

天気予報では気象衛星などの大規模な設備を使って情報を集めることがあります。一方で最近では個々の人の情報を利用することも増えています。個人宅から現在の気象状況の情報をインターネットなどから送ってもらい、それを反映させる場合があります。雨量計にはいくつかの種類があり、個々に使うタイプはその場所のピンポイントの雨量が測れるようになっています。住宅やビル、そのほか山などでも測定することができます。それ以外にはかなり大きな規模の測定装置もあります。それはレーダーを使うタイプの装置です。観測所からレーダーを出します。それが雨にぶつかると一定の反射があります。その反射の状況を調べて雨量を測定します。広い地域の雨量を大まかに測定するにはよさそうです。個人などで導入することはできないでしょう。気象庁や気象会社などが利用するのでしょう。

雨量計の他いろいろな気象情報が測定できる機械

天気の情報を集めようとすれば天気予報が便利です。その他気象情報を提供してくれる会社があるのでそちらから情報を購入することでも得られる場合があります。今は国だけでなく気象会社が情報を提供してくれています。より細かいピンポイント情報も得られます。とはいえ自宅の情報を得ようとすると無理があるでしょう。せいぜい市区町村やその中の町単位の情報になります。もしより細かい情報を得たい時には雨量計を含めた気象情報がわかる機械を利用します。雨量だけでなく気温や湿度などもわかるようになっています。液晶の表示画面が取り付けられていてそこに現在の気温や湿度、そして雨量が表示されるようになっています。それまでの記録も保存されていて、それがグラフ表示で見られるようになっています。雨量は別途雨の量を測定する器具を屋外に設置し、その情報を取って表示します。